回復プログラム(ダルクの1日)

プログラムビジュアル

> プログラムの内容は?

沖縄ダルクでは、依存者が「自分は社会の有用な一員である」と実感し、健康的な新しい生き方ができるように、様々なプログラムを提供しています。


① グループミーティング(ダルクミーティング/自助グループへの参加)

ミーティングは、基本的に“言いっぱなし”、“聴きっぱなし”のスタイルで行い、非難や批判をされることなく、お互いの経験を分かち合います。
また、その場で話されたことは、他の場所で話題にすることはお互いにせず、個人の秘密は守られます。そのため、このミーティングでは、幼い子ども時代から現在まで、様々な経験が語られます。
新しい価値観を育み、人生に向かい合うためには、今までの生き方を見直していくことも大切なことであるため、その語りの中では、依存症に関することや現在のことだけでなく、誰にも言えなかった体験についても語られることがあります。
中には、DVや虐待のある家庭で育ったことや、家族との葛藤、様々な被害経験などについて話す人もいます。
これは、現在の依存症の問題や経験を理由付け、「仕方ない」と慰めたり、開き直るためにあるのではなく、ゼロから生き直し、新しい価値観を育むために行われるものです。
グループミーティングを通して、仲間と分かち合い、互いに学び合うことで、新しい生き方が方向付けられていきます。 同時に、感情に振り回されるのではなく、自分の感情を使いこなす能力も自然と身に付いていきます。



ミーティング

グループミーティングは、1日3回(午前と午後のダルクミーティングと夜間の自助グループ:NA)、毎日行います。
そのうち、週に3回は、NAが提案する12ステップのスタディーミーティングとして、ステップミーティングを行い、週1回は、 ダルクを利用する上での日常的な様々な問題をスタッフと含めたメンバー全員で話し合うハウスミーティングを行っています。 また、夏場は、週2回、ビーチプログラムを実施しています。 指導や忠告をするのではなく、お互いが自分のために高めあうのがダルクの方法。 回復し生き生きしている少し前をいく人の姿は励みになる。
また、自分の少し後をいく人の手助けをすることが、クリーンな生活を続ける力となる。

② エイサープログラム

沖縄ダルクでは、沖縄の伝統芸能であるエイサー(沖縄ダルク祭り太鼓)を週2回、プログラムとして取り入れています。それにより、地域の人々との交流の場も増え、今では年間数十回の出演依頼がくるようになっています。依存者は自己評価が低い人が多いため、人前で拍手をもらうことが本人の自信回復につながっています。

  • エイサープログラム
  • エイサープログラム
  • エイサープログラム

③ スポーツプログラム

沖縄ダルクでは、身体を使ってのリハビリテーションの一環として、週2回、スポーツプログラムを取り入れています。仲間と楽しみながら身体を動かしたり、協力してプレーすることで、みんなで支え合って回復に向かって一緒に歩いていけるようになります。何よりも、身体が健康になり、生き生きしていきます。

  • スポーツプログラム
  • スポーツプログラム
  • スポーツプログラム

④ その他のプログラム

月に一度のレクリエーション活動を通して、仲間との分かち合いの場を広げています。
また、セミナーなどにも随時参加しており、沖縄県更生保護会DV加害者更生相談室が主催するDV防止について考える講座にも毎月参加しています。 この講座では、会場設営や駐車場係などのボランティア活動も同時に行い、運営をサポートしています。
この他にも、地域におけるボランテイア活動を行うことによって、地域や各機関との連携をはかり、地域内の人々との交流を深めています。 外に出て、多くの人と関わることで、社会との接点が持てるようになるだけでなく、地域社会の依存者への理解も深まり、依存者が「自分も社会にとって有用な一員である」ことを確認することができています。

  • その他のプログラム
  • その他のプログラム
  • その他のプログラム

⑤ 個別相談

プログラム中で起きてくる様々な悩みや問題に対応するため、個別相談も随時実施しています。
また、ダルクプログラムを修了したメンバーや退寮したメンバーの相談にも応じ、社会の中での孤立化を防ぐなど、アフターサポートも行っています。

> クレアドールの1週間

 
7:30起床
朝食
起床
朝食
起床
朝食
起床
朝食
起床
朝食
起床
朝食
休日
8:00
9:00デイケア
へ出発
デイケア
へ出発
デイケア
へ出発
デイケア
へ出発
デイケア
へ出発
ミーティング
10:00ミー
ティング
RD
ミーティング

ステップ
ミーティング
ミー
ティング
RD
ミーティング

沖縄まーぷ
ミー
ティング
11:00各自昼食
12:00昼食昼食昼食昼食昼食
13:00エイサー
プログラム
ミー
ティング
スポーツ・
レクプログラム
ヨガ
プログラム
ボラン
ティア
スポーツ・
レクプログラム
14:00
15:00ハウス
ミーティング
エイサー
プログラム
16:00 
17:00夕食夕食夕食夕食夕食各自夕食
18:00自助
グループ
出発
自助
グループ
出発
自助
グループ
出発
自助
グループ
出発
自助
グループ
出発
自助
グループ
出発
自助
グループ
出発

※ 福祉サービスを利用している方は、10時からサントゥアリオに通って頂きます。(送迎サービス有り)

> 通所する場合の1週間

 
9:00送迎送迎送迎送迎送迎休日休日
10:00ダルクミーティングダルクミーティングダルクミーティングダルクミーティング

B型施設
外就労
B型施設
外就労
11:00
12:00昼食昼食昼食昼食昼食
13:00エイサー
練習
ダルクミーティングレクレー
ション
ヨガ
プログラム
ボラン
ティア
14:00
15:00CMT
(ハウスMT)
freefreefree
16:00送迎送迎送迎送迎

※ CMT ... コミニュティミーティング

> プログラムを行う場所

沖縄ダルク
「クレアドール」
「クレアドール」は、保護観察所(法務省)の制度を利用されている方がミーティング等の活動を行う場所の他、OBの方や支援者の方が気軽に立ち寄れるメモリアルセンターでもあります。
各カーサ(寮) 各カーサ(寮)は主に生活の場となります。家族的雰囲気の中で規則正しい生活を身に付けていきます。それぞれのカーサは環境も違い、また保護観察所より自立準備ホームとして登録している所もあり、その人の状態、利用形態に合った場所を提供しています。
カーサ金武 入所して間もない方や、状態が不安定な方などが安心して過ごせるように環境設定しています。デトックスステージとして、まずはゆっくりと無理をせず、生活のリズムを作って貰います。
カーサコザ デイケアでのプログラム、生活のリズムが安定してきた方が主な対象となります。仲間のサポートしながら、求職活動など次のステップを目指すハーフウェイハウスとなります。
カーサ伊佐 就労に就いた方やピアメンター(スタッフ研修)の方が生活するスリークォーターとなります。
カーサヴェルデ 女性専用のハウスになります。障害福祉サービスを利用する場合は、日中サントゥアリオに通います。
カーサヨギ 就労に就いた方が生活するハウスになります。
多機能型事業所
「サントゥアリオ」
障害者総合支援法に基づき、障害福祉サービスを提供しています。主に日中活動の場となります。ミーティングやエイサー、レクレーション、ボランティア等の活動を行っています。デイケアまでの送迎も行っています。
外観
  • 沖縄ダルク Okinawa DARC
  • 〒901-2225
    沖縄県宜野湾市大謝名2-2-10 4F
  • TEL : 098-943-8774 FAX : 098-943-8281

施設案内はコチラから >